S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
Blog People

ロリポップ


 かわいくて
 かんたんな おすすめサーバ♪

ブログパーツ
SPONSORED LINKS
<< フリーチベットTシャツ発売中! | main | 大麻入りコンドームは飲んだらだめ! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
母子殺害元少年の不思議発言。
JUGEMテーマ:ニュース


母子殺害元少年の「理解不能」発言 「死刑制度認める、でも死刑になりたくない」
2008年04月22日19時20分

山口県光市の母子殺害事件で、死刑判決を受けた元少年(27)が「僕は死刑存置主義者」と死刑制度を認める一方、「判例になる以上、死刑は受けたくない」と述べていたことが分かった。遺族に「怒りを通り越して失笑した」といわれた新供述を展開して死刑を逃れようとした被告側だが、今回の「死刑発言」もなかなか分かりにくい発言だ。

「ほかの少年少女の事件にも大きく影響するんですから」
山口県光市で1999年に母子が殺害された事件で、殺人や強姦致死などの罪に問われた元少年の被告(27、当時18)の差し戻し控訴審判決が2008年4月22日に開かれ、広島高裁(楢崎康英裁判長)は無期懲役とした一審・山口地裁判決を破棄し、死刑を言い渡した。楢崎康英裁判長は判決のなかで、本村洋さんの妻・弥生さんを死後に乱暴したことを「生き返ってほしいという思いからの『復活の儀式』だった」とした新供述について「信用できない」としたほか、「むしろ被告人が虚偽の弁解を弄するなどしたことにより、死刑の選択を回避するに足りる特に酌量すべき事情を見出す術もなくなったといわざるを得ない」と述べた。被告の弁護団は判決を不服として再上告した。

判決に先立つ08年4月3日、TBS系のJNNが元少年の被告に面会・取材していたことがわかった。JNNによれば、「死刑もやむを得ないと思う?」という記者の問いに対し、元少年は

「はい。僕は死刑存置主義者ですから。終身刑も検討して欲しいと思っていますけどね。ただ判例として僕が死刑になるのは避けたい。ほかの少年少女の事件にも大きく影響するんですから」
と答えたという。また、「どんな判決を望んでいますか?」という問いに対しては、

「判例になる以上、死刑は受けたくない」
と語ったというのである。少年は、「死刑判決はやむを得ない」としながらも、将来死刑判決を受ける人のことを考えると「先例になるから受けたくない」ということだったらしいのだ。

死刑判決は「決して喜ばしいことではない」
本村洋さんは判決後に会見し、「正しい判決が下された」と述べる一方、「人の命を最も大事なものと思って尊ぶからこそ、死刑という制度は、私は存置されているのだと思います」と主張した。

記者に元少年が死刑判決を受けたことについての心境をたずねられると次のように述べた。

「決して喜ばしいことではないと思っています。厳粛な気持ちで裁判所の判決を受け止めています。遺族としては応報感情が満たされた訳ですから、報われる思いはありますが、ただ、社会にとってみれば、私の妻と娘、そして被告人の3人の命が奪われる結果となったわけです。これは明らかに社会にとっては不利益なことです」
そして、「やはり刑法というのは、社会秩序を維持するための、目的を達成するための手段だと思ってます」とした上で、

「社会の皆さまにもどうか、どうすれば犯罪の被害者も加害者も生まない社会をつくるのか、どうすればこういった死刑という残虐な、残酷な判決を下さないでいいような社会はできるのかということを考える契機にならなければ、私の妻と娘も、そして被告人も犬死だと思っています」
と語った。

ただ、被告の元少年についても、「(被告の)更正の可能性は十分にあると思います。だからといって刑を減刑したり、社会復帰できるということと刑罰は違うと思います」と述べている。

死刑判決後、元少年は遺族に対して一礼したという。本村さんは「どういう心境で頭を下げたのかわからない」としながらも「彼が心から謝罪できる日が訪れることを願っている」と話している。


J-CASTニュース


昨日は 判決がでた瞬間 小躍りしたい気分やった。

この事件は ほんまにひどかった!
しでかした事もひどいけど さらにひどいのは その後。

反省もまったくしてない事を表す友達への手紙・・。

自分が未成年やから たいした罪にもならずに ほとぼりがさめたらシャバにでてこれるってことを 確信してるってのが ありありとわかった。

出てきたら また同じことを 平気でしよるヤツや・・って 直感でそう思った。

で 決定的に許されへんのは 弁護団の言い分・・。

「水道職員ごっこで部屋に入り、亡くなった自分の母親を恋しく思って
被害者に抱きつきじゃれ、抵抗されたので声を抑えようとしたところ、
死んでしまった。
その後死体に復活の儀式として、生気を注入するため犯し、
そして娘の首に蝶々結びにひもを結んだら
死んじゃったので、殺害ではなく、傷害致死にあたる」




これが まかりとおらんで ほんま良かった(T.T)
こんな理由が 認められたら もぅ 絶望するとこやった。

で、何が 「はい。僕は死刑存置主義者ですから。終身刑も検討して欲しいと思っていますけどね。」じゃ・・。

死刑存置主義者とか よう理解してへんくせにえらそうに漢字ならべやがって!
おまえに そんな事を語る資格は ないんじゃ ボケっ!!

最後に 本村さんにとっては ほんまに長い長い9年間やったと思う。
あの人の精神力は ほんまにすごい。
はじめて会見したはるのをみたときから 本村さんは立派やった。
あんなに心が強い旦那さんが 愛した奥さんと娘さんやから どんなにええ人やったかが 伝わってきてよけいにかわいそうやった。

奥さんと娘さんは 天国で これからの本村さんの幸せを願ってると思う。
時の流れが 少しずつの気持ちをいやしてくれる事やと思うし もう一度 幸せな家庭を築いて 優しいパパになって欲しいって思う。



来てくれてありがとう(^_-)-☆
ランキングに参加してます♪
よかったら クリックしてもらえるとうれしいです

banner_02.gif





| 11:17 | NEWSにツッコミ 少年犯罪 編 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 11:17 | - | - | - |
コメント
激しく同意です。
書き出したら腹が立ってくるから書きませんけどね。
この事件のせいで本村さんは目立ちすぎてしまった。彼のこれからの人生がもっと心配になってるkazamiです。
| kazami | 2008/04/24 12:14 AM |
つまり他人の死刑ならええんやろ?
でも自分は死刑になりたくないって事やん?
自分勝手な奴はどこまで行っても自分勝手やねん。反省してたらこんな事言わないよ。

いくら自分の育って来た家庭環境が悲惨であろうと、人を殺すって事が許されてはなりません。
彼が死刑にならなければ遺族感情も収まらないのも勿論ですが、我々は今後の日本の社会秩序をどうやって護れば良いのでしょうか?
皆さん、自分や周りの人間が理由もわからず、見ず知らずの未成年者にいきなり殺されても『はい、無期懲役。7年で出てきます。殺すなら未成年の間ですよ。』で我慢できますか?


朝日の新聞記者が本村さんに対して『死刑のハードルを下げた』と言う発言をしましたが、事件の内容を知っていてこんな無神経な事を言うのは本当に本村さんに失礼です。
そんなの、毎日毎日いじめられて命の危険を感じて相手を殺したとか被害者と加害者の関係が有る場合と、この事件(加害者が一方的に危害を加え、見ず知らずの親子が犠牲になった)では全然違うやん?
死刑になるならんは罪を犯した状況のケースバイケースやろ。
そんな事もわからん人間が罪について書く資格無いわ…


本村さんは本当に筋の通った『男』です。
この国では判例に立ち向かうのは容易ではありませんから、しかも11年間戦い続ける彼の精神力は凄まじいと思う。

だから、決着がついたら絶対に幸せになって欲しい。
ま、人間として魅力的な彼を女性が放っておかないでしょうけど(^_^)

| ツバクロちゃん | 2008/04/25 5:20 AM |
> kazami san

ほんま 腹立つよね〜

この事件は 知ればしるほど 書けば書くほど腹がたつ・・。悲しみと失望感とでWパンチ。

でも 最後はほんまに良かったって思う。
国民だけでなく 最高裁までもが 一致団結ってかんじで 死刑に導いたんやもんな。

どっかでゆーてたけど 本村さんみたいな人が政治にかかわってくれたらええのに・・って(笑)
冷静沈着でしかも誠実!! 今時の日本にはめずらしい人材やんね!(*^。^*)


> ツバクロちゃん

力の入ったコメントありがとう!!
もう ほんまそのとーり!!

あやつは全然反省してない!!
腐った魂のまんまやわ。

で 朝日新聞の記者 場違いもはだはだしいあの質問・・。
いっこも死刑のハードルはさがっとらへん!!
そのまんまの高さで ふつ〜にあやつは死刑や!!
っていうか へんてこりんな弁護団もくわわったせいで、あほほど年月がたってしもてからに・・。

ほんま 本村さんには これから 平凡な幸せをプレゼントしたいよね。
すべてが終わったら、もう さわがんといてあげてほしいね・・(*^。^*)
| のまいぬ | 2008/04/25 7:11 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nomanews.jugem.jp/trackback/1526
トラックバック